トイレが故障?水漏れはどこで起きている?

ある日突然トイレの床が水浸しになっているのを発見すると多くの人はパニックになってしまいます。汚水ではなく、これから流れる水道水が漏れている場合はタンクや配水管をチェックしてみましょう。

■トイレの水漏れを見つける方法

トイレで水漏れが起こっているのではと疑う場合は、まずは便器の中を覗いてみましょう。使用して水を流していないのに便器の中の水が動いているという場合は水が漏れている可能性が高くなりますし、使用していないのに便器の背面に設置してあるタンクの中から水の音がするという場合も水が漏れている可能性が高くなります。水が漏れる原因としてまず考えられるのが、タンクの中にあるボールタップが原因になっている場合です。ボールタップが何らかの理由で破損してしまうと排水のためのゴムが上手く動作することができずに、常に水が出続けている状態になってしまいます。


■年数が経過している場合は交換を検討する

基本的には古くなった部品などを交換することでトイレの故障を解決することができますが、便器やタンクなどを設置してから10年以上経過している場合は、便器やタンク自体を交換する必要も出てきてしまいます。交換にはそれなりに費用がかかってしまいますが、節水型やタンクレスなど画期的な商品も登場しているので、ある程度年数が経過している場合は交換を検討するのも1つの方法です。




■まとめ
毎日使用するからこそ劣化も早くなり、ある程度の年数が過ぎると寿命を迎えてしまうことから、水漏れなどの故障が起こった場合には修理だけでなく本体の交換も視野に入れて検討してみるのがおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ