トイレの水漏れは蛇口が原因?

トイレの水漏れの原因は便器の背面に設置されているタンク、排泄物を流すために必要な水を引き込む配水管などが原因になっていることが多いですが、場合によってはタンクの上や蛇口から水が漏れることもあります。何が原因で、どんな対処をすることで問題をスムーズに解決することができるのでしょうか。

■タンクに水が溜まっても水が出続けている

トイレを使用して、ふと気づくとタンクの中に水が溜まっているのにタンクの上部についている蛇口から水が出続けているということはないでしょうか。通常、タンクの中の水はある程度溜まると蛇口から出る水は自動的に止まるようになっています。ここでまず確認したいのがタンクに問題があるのか、給水設備に問題があるのかです。トイレの中には便器やタンクの他に水を引き込むための給水設備が設置してあります。ここにはトイレの水を操作することができる元栓があり、この元栓も蛇口になっているので、ここを締めてみましょう。締めても水が流れ続けている場合は元栓の方に問題があることがほとんどです。

■蛇口に関する修理は意外と簡単にできる

トイレで水漏れが起こると、まずは業者に連絡をして専門的な技術や知識を持つ人に解決してもらうことをイメージしますが、水漏れの原因が蛇口の場合は比較的簡単に個人でも対処することが可能です。蛇口は分解も簡単にできますし、交換に必要な部品も手軽に購入することができます。業者に依頼すると数千円から一万円程度の修理費用が発生しますが、個人で修理を行うことでもっと費用を抑えて問題を解決することができます。



■まとめ
トイレの水漏れは蛇口が原因になっていることもあり、こういったトラブルであれば業者に依頼しなくても自分で解決できる場合も多くあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ